シートスポンジつづき

こんにちわ。ブログみぃごろーです。

今日は、朝型冷え込みました。そろそろ冬の気配を感じます。憂鬱なあの冬です。ヒーターズボンにヒーターグローブで完全装備をしなくてはならなくなります。そして、何よりおそろしい路面凍結。昨冬はOEMタイヤで散々な目にあっています。あんなアクロバットは二度とご免です。寒波が来ないことを祈ります。

昼からは、一転暑いくらいの陽気。ひさびさにヤモリをみました。今年生まれたばかりの小さなヤモリ。もう冬篭りにはいってしまっていると思っていたので、なんだかうれしくてほっとします。

さて、その陽気を利用して、CBRに乗らない手は無い。とばかりに乗ってきました。

ワインディングは想像以上の行楽の車にロードバイク。で、乗れたものではないのですが、それにしても、前回は調子よかったのですが、今日は何だか乗れていない。シートスポンジの厚み1cmを意識してしまう。やけに腰高のフォームに違和感を感じる。

もしかしたら、重量配分が変わってしまったのか。

寝かしこめない。タイヤのグリップはまだ大丈夫な気温ですが、寝かせられない。これはおかしい。

昔のっていたヤマハRZ350Rに近い乗り心地。腰高の前傾姿勢。これ、寝かしこむときに慣れるまでしんどいのです。

 

どうも重量配分が変化しているようです。前輪荷重が増えたのか、或いはその反対か良く分かりませんが対策をしなくてはなりません。

今度、フロントの高さを1mm上げてみます。

きょうもこのブログをご覧くださり、ありがとうございました。

 

【スポンサーリンク】

このページの先頭へ