NEW CBR登場!

こんにちわ。どら猫ライダーみぃごろーです。

ホンダから’17年度のモデルチェンジCBR1000RRが発売されました。

スーパーバイクのレギュレーションに添う形で、CBRもついにトラコンを含めたフライバイワイヤーフル装備となりました。

 

まあ、これらは時代の流れなのでしょう。気になるのは進化した内容です。

キャスター角が23度20’となり10’(10分)起きています。同時にホイールベースが従来の1415mmから1405mmに短縮されています。軽量化もなされました。

基本構成は外見上大差は無い様にも見えますが、より、旋回性能を追及しているようです。

 

最高出力は各社200馬力に乗せているなかで、192馬力は控えめにも感じます。この辺り、ホンダらしさなのでしょう。

 

先日、ショップにSPモデルの現物が来ていて観ることができました。

デザインは悪くは無いなと思いました。ブレンボのブレーキにオーリンズのサスペンション。

うーん。欲しいな。

 

しかし、まあレプソルカラーが無い。これは致命的。

今のモトGPでは、日テレG+「モトGP座談会」によるとトラコンはもはやオフにしているのだとか。

 

「へー、そうなんだ。」と思いました。

つまりですね。ABS無し、トラコン無しの私の’13CBR1000RRはむしろモトGPに近いといえるわけですね。

馬力は170馬力台ですが、そんなに見劣りするわけでもありません。とても使い切れない馬力です。

 

せっかく、バックステップ逆チェンジにして、こつこつサスのセッティングを出したマシンです。今のマシンで十分。

 

今日もこのブログをご覧くださり、ありがとうございました。

【スポンサーリンク】

このページの先頭へ