鈴鹿8時間耐久レースが始まるよ!

こんにちわ。ミーゴローです。

昨日は雨でした。今日は晴れてまた暑くなりそうです。といっても私の地方ではそれほど気温は上がりません。

いよいよ明日からは鈴鹿8時間耐久レースが始まります。

この暑すぎない気候が決勝まで続いて欲しいものです。

 

ニッキー・ヘイデンやポル・エスパルガロなどをはじめとした大物ライダーやハリウッドスターも鈴鹿入りしていることでしょう。

 

このイベントは本当に楽しみです。

 

特に今年は、世の中本当に悲惨な事件ばかり起きているので尚更です。

嫌なよくない空気をスーパーマシンのエキゾーストが吹き飛ばしてくれる事を切に祈ります。

 

モータースポーツには浄化作用があると思いたい。かつて、鈴鹿8耐は現代の「お伊勢参り」だとか誰かが言っていました。

まったくそうだと思います。

サーキットに言った事の無い方は、この機会にぜひ行かれることをお勧めします。

 

金曜までなら当日券で入場できるとおもいます。サーキットのもつ独自の雰囲気、スーパーマシンの咆哮につつまれてみて下さい。

一人でも楽しめます。非日常の世界を満喫できます。

決勝はBS12でライブ映像を観ればいいのです。お金もかかりません。

 

鈴鹿では喧嘩騒ぎは起きないと昔から言われています。多分今でもそれは変わらないと思います。

何しろ、スペシャルカフェレーサーを一般駐輪場にそのまま置いておけるのですよ。一体いくらお金がかかっているのかと思うほどのマシンを観たことがあります。

エアークリーナーもついていないピカピカのマシンが無造作に置いてあるのです。エアーファンネルがむき出しなのです。まるで無防備なのです。でも誰もイタズラしたりはしません。

鈴鹿8耐とはそういうレースイベントなのです。

 

一日サーキットにいれば、日頃の嫌なこともどこかへ吹き飛んでしまいます。アニメ「ばくおん」の声優さんも来場するとのことです。

心も体もリフレッシュしましょう。

 

バイク

8耐に出場するマシンはモトGPのマシンとは異なります。

私もこの記事を書くまでは、スーパーバイクと大体同じだと思っていました。

でも調べてみるとスーパーバイクとも少し違う模様。市販車により近い状態だそうです。

 

それでいて、あの予選タイムは驚くべきことです。

二輪のコースにはシケインが増設されているのです。

なのに2002年のモトGPと同じタイムを出しています。私の乗っているCBRはレーサーマシンなのだとあらためて思います。私のマシンと基本構造が同じマシンがあのタイムを出しているのですから。

スーパースポーツ車はレース出場を前提としているのです。くれぐれも公道でぶっ飛ばそうなんて思ってはいけません。あらためて自戒しておかなくてはと思います。

 

それにしても、8時間もの間、あの暑さの中ハイアベレージでラップし続けるレーサーたちは本当に凄いといつも思います。

去年はあのケーシー・ストーナー選手がクラッシュしています。過去にはミック・ドゥーハン選手がこの8耐で左手の指を失っています。2000年には死亡事故も発生しました。

本当にハードなレースなんだと思います。

 

8耐には一度は行ってみたいと思います。

実は私はいまだに決勝本レースには一度もいっていません。人生一段落してからとか何とかいつも思っていました。

いつも人生に何かしらの問題、課題を抱えていてなかなか余裕が無いのですね。そうこうしている間に十年以上経ってしまっています。

 

でも、問題を抱えているときこそ行くべきですよ。サーキットというところは。

日頃の悩みもぶっ飛びます。エネルギーをもらえる感じがします。

実際、F1とか500ccには何度か行っています。そしてその後に人生に転機が来たように思います。

それがモータースポーツのもつ不思議な力なのでしょう。

 

今日もこのブログをご覧くださり、ありがとうございました。

 

 

 

【スポンサーリンク】

このページの先頭へ