ウィンドウズのアップデートがおかしい

こんにちわ。ミーゴローです。

今月13日公開のウィンドウズのアップデートがおかしいようです。

月に一度の憂鬱なので、さっさと終わらせておきたいのです。

ウィンドウズ7の方のマシンで更新の確認をしようとしたら、いつまでたっても反応がありません。

 

ネットの情報によれば更新通知がきて更新しても、ものすごく時間がかかるようです。

場合によっては何時間もかかる例が報告されているとのことです。まったく、マイクロソフトという会社は何なんでしょう。

 

大阪のUSJにパナソニックのターミネーターパビリオンがありますが、そこに出てくる「サイバーダイン社」そのままですよ。

綾小路麗華さんの「おほっほっほ!」ですかね。結局、麗華さんもリキッドメタルのターミネーターに舞台で殺されてしまいますが、マイクロソフトとまったくイメージがかぶってしまいます。

 

恐怖のアトラクション

マイクロソフトのビルゲイツや間抜けエンジニアたちには、特別のアトラクションを用意してあげたいです

ビルゲイツとエンジニアたちを、コンピュータの管理する建物に閉じ込めて脱出ゲームをさせます。

脱出方法を見つけながらターミネーターから逃げて脱出口を捜すゲームです。チェックポイントにある入力システム端末にキーワードや暗号やクイズの答えを入力すれば、次のエリアに脱出できるのですが、

しかしこのシステムに使用されているシステムがウィンドウズなのです。突然、ウィンドウズアップデートが始まるのです。

魔の手がビルゲイツの馬鹿連中に迫ってきます。でも、馬鹿窓のウィンドウズはなかなかアップデートが終わりません。

 

ターミネイターだけでなく、バイオハザードの化け物が、ビルゲイツの青瓢箪とアホエンジニアに迫ってきます。

「ぎゃー!」

ざまみろです。

 

世の中、行いのつけは必ず来るものです。

マネー至上主義はそろそろやめたら、ディア・ビル。

 

きょうもこのブログのぼやきをお読みくださり、ありがとうごさいます。

【スポンサーリンク】

このページの先頭へ