やっぱりクルマはやめようよ。電車でいいじゃない。

こんにちわ。ミーゴローです。

12月に入って早々、2つの研究会の忘年会が2日続けてありまして、そのせいで昨日は一日完全に寝ておりました。
私は飲まないのですが、割高の居酒屋ですから、元を少しでも取り戻そうとお腹いっぱい食べます。このときばかりは、いつものヘルシーメニューとは程遠い脂気の高いものも気にせず食べまくります。

忘年会というと鍋物が定番ですが、飲まない分せっせと具を小皿に取りまして食べ続けます。
コースものではなくて別個に牛丼とかオーダーできる店だったのがよかったです。お酒のみの方の肴という感じでちょっとづつ出てくるのはペースがもひとつ合いません。私としてはアジフライならアジフライで一定量食べたいのですが、何か中途半端な量なので間が空いてしまいます。

ホテルで行うような場合は、和食ではなくてフランス料理で肉料理が出てきますのでどちらかというと個人的にはホテルの方がいいです。

まあ、年に数回のことだからいいのであって、こういう食生活を続けていると悲惨なことになるのはいうまでもありません。
今日の天気といえば、一応晴れ間も時々あるのですが、曇り気味で風も強くて気分が落ち込みます。気温は高いようですが、あまり外へは出たくありません。

体調の方もいまひとつです。バイクに乗るのは気が向きません。今日はやめときます。

交通事故

それにしても、交通事故の報道が増えています。これは高齢者の事故などが急に増えたのではなくて、報道の扱いが多くなったとみるべきでしょう。
普段から、道路は危険地帯ですから今の時期、年末なので特に用心しなくてはなりません。

高齢者だけではなくて、なぜかタクシーもひどいようです。

この高齢者とタクシーが危ないのは十分知られていることですが、主婦とマイカー親父も大変危険です。何しろ遅すぎます。制限速度以下で走っていることも多いです。こういう人たちは運転はしないで下さい。

明らかに運転技術が不足しています。

 

また一般のクルマでもいつも書いていますが、箱物のクルマで裏道の細道に入ってくる神経というのが分かりません。近道のつもりなのでしょうがいつもすれ違いが出来ずに詰まっています。

年末で里帰りしてきた他府県者が細道に入り込んで立ち往生、というのもこの季節のおなじみの光景となりました。

クルマというのは実際には不便なものなのですよ。

 

なんだか師走は平日でも渋滞がひどくなります。一体どういうメカニズムなのでしょうかね。不思議です。

 

今日もこのブログをご覧くださり、ありがとうございました。

【スポンサーリンク】

このページの先頭へ