DQNジジイのDQN外車

 こんにちわ。ブログみぃごろーです。

 今日も、近所の「南無妙(なんみょう)カルト教団」に酷いことされました。今お風呂からやっと出たところ。心身ともにクタクタです。

「南無妙カルト教団」ジジイのアウディ

 私の家のはす向かいに「南無妙カルト教団」のジジイが住んでいます。この家は新入りではなくて古からいる家なんですが、「南無妙カルト教団」だとは長らく知らなかった。会社経営をしているとかばあさんが言っていたのだけれど、こんな新興住宅地にいるのだから大きな会社ではないだろうというのはすぐに分かります。

 このジジイ、車の趣味が大変悪くて大迷惑。狭い家の狭いガレージにドイツ車を無理やり入れている。最初はBMWで、10年程前からアウディ。

 昨日の記事でも書きましたが、車で自分を大きく見せようとする人間にろくなのはいない。

 ぞろ目ナンバーの白い外車。耳障りなエンジン。いつぞやのあおり運転で逮捕起訴されたオッサンと同じ趣味のタイプ。で、この外車が狭いガレージになかなか入らないものだから、地鳴りのようなエンジンの空ぶかし音を10分以上も毎日聞かされるからたまらない。わたしはこの間うるさくて何もできない。家に持ち帰りの仕事もストップ。

 わたしは実は、聴覚過敏の低周波過敏症で車のエンジン音がダメなのです。だから車の免許も取らないし、可能な限り車には乗りません。さらに、昔近所の悪い人たちに、車のアイドリングで散々嫌がらせされてノイローゼになったことがあります。これ本当に酷くて、わざわざわたしの家の前までやってきて、わざと家の前に車を止めて、1時間以上も車のアイドリングの空ぶかしをするとかいう悪意に満ちた酷いものでした。これが半年以上続いたものだからわたしは完全にPTSD(心的外傷後ストレス障害)になりました。だから「南無妙カルト教団」ジジイの空ぶかし騒音が始まったら耳をふさいでただじっと終わるのを待つしかない。空ぶかしがやっと終わっても30分は心臓がドキドキして震えています。

 で、たまりかねて去年の1月に「南無妙カルト教団」ジジイに手紙を出しました。内容は(わたしが聴覚過敏であること、もう10年以上も苦しんでいること。教師の仕事に差し障りが出てきたこと。PTSDで本当に苦しんでいることなどを伝え、外車の空ぶかしはやめてください。静かな国産車にして下さい。)といった内容で善処をお願いしました。さすがに車の買い替えは難しかろうとは思いましたが、余計に酷くなるとは思いもよりませんでしたよ。

 監視カメラで盗撮監視される

 この手紙のあと、「南無妙カルト教団」ジジイのしたことは、何と監視カメラをわたしの家の玄関に向けてわたしを監視することでした。監視カメラにはLEDのセンサーライトが同期していて、毎晩わたしが帰宅して自宅の門の前にくるとLEDライトで照らされるのです。わたしの家の玄関がセンサーエリアであるということは、わたしは外出・帰宅ともに年中監視されていることになります。本当におぞましくて耐えられません。このLEDライトでピンときたのは、この嫌がらせと威嚇のやり方は「南無妙カルト教団」がよくやる手だということです。そこでちょっと探りを入れたらどうやらやっぱり「南無妙カルト教団」員らしいということが分かりました。これで最近の「南無妙カルト教団」連中の犬の嫌がらせなどとの関わりがみえてきました。全部つながっていたんだ。

 それにしても、他人の日常生活をあからさまに盗撮監視するとは、何とまあこの「南無妙カルト教団」ジジイの破廉恥なこと。

わたしは今現在も自宅を出入りするにも異常な緊張と不快感を強いられる状態です。あの「南無妙カルト教団」ジジイがわたしのことを四六時中録画して、監視しているのかと思うと、おぞましくておぞましくて本当に死にたくなります。今では玄関の中でヘルメットをかぶってから、ガレージまで出るようにしています。

 わたしの家の防犯カメラは、お向かいが映らないようにちゃんとマスキング処理をしています。わたしの家の前だけを監視エリアにしています。それが普通。しかし「南無妙カルト教団」ジジイはわたしの家の玄関にカメラを堂々と向けるという非常識です。破廉恥極まります。こんな行為は女性としても絶対に許せません。近々救済を申し立てるなどの法的手段を準備しています。

 それにしても、あのプリウスで罪もない親子を殺したジジイもそうなのですが、このDQN「南無妙カルト教団」ジジイの何と酷いことでしょうか。老害どころではありません。完全に悪人です。

 さよなら、わたしのCBR1000RR

 で、このDQN「南無妙カルト教団」ジジイが言うには、「お前のバイクもうるさいじゃないか。」とか言うわけです。わたしは空ぶかしなどしませんし、CBRを始動したらすぐに発進します。走りながら低回転キープでウォームアップする主義です。しかし今は「南無妙カルト教団」ジジイに死ぬほど苦しめられている。もう耐えられません。わたしは愛車CBR1000RRを処分しましたよ。どうしようもない。もうレプソルカラーなんて出ないだろうに、このCBR1000RRに乗るために大型二輪免許をわざわざ取って、7年も一緒だったわたしのCBR・・・・・・・。とさよならしましたよ。

 なのに、あのDQN「南無妙カルト教団」ジジイはくそアウディをいまだに乗り続けているんです。最低な人間です。人間的に最低です。こちらは愛するCBRを手放したのに、DQN「南無妙カルト教団」ジジイは破廉恥なアウディを毎日毎日、日曜も休まずに乗り続けて、毎日毎日、日曜も休まずに愚劣な騒音でわたしを苦しめ続けているんです。(「南無妙カルト教団」は日曜・祝日も休まないんです。カルトです。)

 この「南無妙カルト教団」ジジイ、東大阪市の中小企業の社長(責任者といっていますが)らしいです。社員20人規模の弱小企業。本人は工業高校出身。息子さんはいい人ですが、派遣から正社員にやっとなったはいいけれど、これまた「南無妙カルト教団」系なのかブラックで正月以外盆休みも無し。40過ぎて頭髪にも年が出てきて、いまだに親と同居のパラサイトシングル。当然嫁も来ない。

ああ、もうこんなところいや。「南無妙(なんみょう)カルト教団」のいない平和などこかへ行きたい。

追伸:わたしのCBRは、なじみのバイクショップのオーナーさんの予備バイクになったようです。せめてもの救い。

【スポンサーリンク】

このページの先頭へ