A Midnght Dream 最終話

 こんにちわ。ブログみぃごろーです。だいぶ間が空きましたが、「A Midnght Dream」( 最終話)です。

 これまでのお話。みぃごろーとチュータローはある夜、F14トムキャットに乗って、奈良県天理市にある異次元空間の不可知空間に飛び立ちました。

space02
(マイクロソフト・フライトシミュレーターⅩアクセラレーション、(c)Northrop Grumman Corporation、F-14D for FSX:Acceleration by Dino Cattaneo)

チュータロー:「隊長殿。海でありまっちゅ。」

みぃごろー:「奈良盆地は古代、内海だったのだじょ。」

チュータロー:「おお、そうなのでっちゅか。」

みぃごろー:「もうすぐ陸地や街並みが見えてくるじょ。」

space03
space04
space05
space06
space07

チュータロー:「隊長殿!大変でありまっちゅ。」

みぃごろー:「何事だじょ。」

チュータロー:「東京タワーが破壊されているのでありまっちゅ。」

みぃごろー:「おお!あれはガメラだじょ!」

Hanako01
何か用?わたし、今忙しいの。

花子:「誰がガメラだ!みぃごろー!」

みぃごろー:「おお!どうしてみぃの名前を知っているのだじょ?」

花子:「わたしは花子だ!」

みぃごろー:「何と!花子ねえさんなのか、だじょ!」

花子:「そうだよ。あんたたちの先輩。」

チュータロー:「何と!伝説の花子ねえさんなのでっちゅか!」

花子:「そうだ!わたしはあんたたちのおにいさんと、20年間一緒に生きた。花子だ!」

みぃごろー:「そういえば、写真を見たことがあるじょ。」

チュータロー:「自分も、お写真を見たことがあるのでありまっちゅ。」

みぃごろー:「会うのは初めてだじょ。」チュータロー:「初めてでありまっちゅ。」

花子:「そりゃそうだよ。あんたらが生まれる前に死んじゃったからね。」

みぃごろー:「そうだじょ。みぃは、おにいちゃんが大学生のときに拾われたのだじょ。おにいちゃんは、みぃを見て、(お前、花子にそっくりだ。)、とよく言っていたのだじょ。」

花子:「全然似てないのにね。・・・おにいさん、寂しかったんだろう。」

みぃごろー:「みぃも今は寂しいのだじょ。だから、こうしてこの世界に飛んでくるのだじょ。」

花子:「もう大丈夫だよ。私たちは、もうすぐ、またおにいさんに会える。」

みぃごろー:「それは、本当かだじょ。」

花子:「ああ、多分。・・・もう帰りな。現実世界に朝が来るよ。」

return01
隊長殿、夜が明けるのでありまっちゅ。
おう。帰途に就くじょ。
(マイクロソフト・フライトシミュレーターⅩアクセラレーション、(c)Northrop Grumman Corporation、F-14D for FSX:Acceleration by Dino Cattaneo)
landing
(マイクロソフト・フライトシミュレーターⅩアクセラレーション、(c)Northrop Grumman Corporation、F-14D for FSX:Acceleration by Dino Cattaneo)

関西空港管制塔:「GrummanグーマンF14エフフォーティーン、Runway 6R, cleared to land」

みぃごろー:「みぃだじょ。らんうぇい6Rくりあーどとうらんど。だじょ。」

landing02
タッチダウン。着陸のうまいネコじゃのー。
(マイクロソフト・フライトシミュレーターⅩアクセラレーション、(c)Northrop Grumman Corporation、F-14D for FSX:Acceleration by Dino Cattaneo)
landing03
(マイクロソフト・フライトシミュレーターⅩアクセラレーション、(c)Northrop Grumman Corporation、F-14D for FSX:Acceleration by Dino Cattaneo)
taxi01
関西グランド(地上管制)。みぃだじょ。格納庫に帰るじょ。
(マイクロソフト・フライトシミュレーターⅩアクセラレーション、(c)Northrop Grumman Corporation、F-14D for FSX:Acceleration by Dino Cattaneo)

エンジン停止。キ~~~~ン~~~~・・・・・・。シーン。

park01
(マイクロソフト・フライトシミュレーターⅩアクセラレーション、(c)Northrop Grumman Corporation、F-14D for FSX:Acceleration by Dino Cattaneo)
park02
park03
photo02

おしまい。

今日もこのブログをご覧くださり、ありがとうございました。

【スポンサーリンク】

このページの先頭へ