すり抜けはやるな!

 こんにちわ。ブログみぃごろーです。久々の記事を書きます。本屋でエイ出版のBikejinを読みました。最近バイクの初心者が急増して、バイク事故死者も異常に増えているそうです。

 コロナの影響で新規免許取得者が増え、バイク初心者が増えたそうです。全然知りませんでした。Bikejinによると、初心者はバイクの先輩がいないまま公道を走るということだそうです。ぞっとします。

 私みぃごろーは、大阪河内のDQN道路を通勤していました。河内の道路は全く無茶苦茶です。通称大阪外環状線など、バイクが車の間を縫うようにすり抜けていきます。それも河内のDQNおっさんが乗る車やダンプの車列を縦横無尽に走っています。命知らずもいいとこです。

 車のすり抜けは絶対にやるな

 車の間をすり抜けるという行為は、自殺行為です。事故らなかったのは運がいいだけです。すぐに止めておくべきです。

 渋滞の車列の左を抜けるというのも、以前の記事でコツは書きましたが時速30km/h以下という条件があります。車列の間から何が出てくるか分かりません。大阪の道路では、渋滞車列の左を平気で40~50km/hで抜けていきます。絶対に真似してはいけません。何か車列の間から出てきたら、どんな反射神経であっても停止することはできません。

 私は後方から速い原付が接近してきたら先に行かせるようにしていました。

 すり抜け二輪の巻き添え事故などを含め、この1年で2回も事故になりました。PCXも一台オシャカになりました。みぃごろーは、今では電車通勤に切り替えています。みぃごろーは、かなりのベテランに属すると思います。それでも通勤時の道路は恐ろしくてたまりません。

 今日もこのブログをご覧くださり、ありがとうございました。

 

【スポンサーリンク】

このページの先頭へ