キューティーハニー・ティアーズ

 こんにちわ。ブログみぃごろーです。去年の今頃、学校勤務で心身ともにヘトヘトだった頃、WOWOWで「Cutie Honey-TEARS-」(西内まりや主演 2016年)を偶然観ました。とてもハートにきました。

 で、早速ブルーレイを買いました。BSはインターレースですから、お気に入りの作品は、プログレッシブのブルーレイで持っているのがいいです。

 さてこの映画、公開当時は散々酷評されたようですが、作品自体はそつなくハイクォリティに仕上がっています。VFXもアラが無いというより、かなりの出来です。いい絵をみせてくれます。「ハリウッド映画を彷彿とさせる」、などと宣伝するなら的外れであって、それを言うなら当然いろいろ言われるでしょう。ハリウッド映画のような派手な興行成績など期待してはいなかったはず。ひっそりといつまでも残る名画のひとつなのだと思います。また、 私は原作もアニメも知りませんので先入観とかキャラへのイメージとかありません。だから、映画自体をすんなり受け入れられるのだと思います。 原作のイメージと違いすぎるとかいう評価は的外れだと思います。

 「Google ユーザーの86% のユーザーがこの映画を高く評価しました。」と検索結果に出てきましたから、作品自体はやはりよく出来ているということなのだと思います。

 西内まりやさんの演技がどうのというのも見かけますが、まりやさんとてもいいです。この映画でジャパンアクションアワード第5回ベストアクション女優賞を受賞されたそうですが、ナルホドいい動きだとおもいました。「まりやさんは歌手なのか、CD買おう。」と今ではすっかりファンです。

 まりやさんとてもいいなあ。まあ、これが言いたかった記事でした。

きょうもこのブログをご覧くださり、ありがとうございました。

 

【スポンサーリンク】

このページの先頭へ