クロネコメンバーズの迷惑案内

こんにちわ。ブログみぃごろーです。

 冬休み明けから何かと忙しくてしんどいのですが、まあ、そのしんどさを倍増させてくれたのが、宅配メールです。相手の都合も考えず、いきなり受け取り指定の意味不明のメールが配達されてきました。

 そもそも、受け取りボックスとかが発案されたのは、宅配を受け取るのも結構負担であるということだと思います。配達される時間に自宅にいなくてはならないわけです。これは、現代人にとってはかなりの負担です。

 丁度休み最後の日曜あたりに、宅配便らしきトラックの音と呼び出しが鳴りました。私は寝ているので出ません。当然。これ、引きこもりの人なら分かると思いますが、訪問されるというのは、結構迷惑です。

 家にいるときくらいは、一人でいたいわけで、いきなりやってきて玄関開けろというのも迷惑な話です。さらには、私の家の場合、けっこう、ドアから門まで距離があるわけで、といっても10mくらいですが、これまたけっこうめんどい。なので、予定のない訪問は一切無視します。

 で、何が送られてきたのかというと、不在通知には、覚えの無い「eお知らせシリーズ登録完了のご案内」とかいうものです。そういえば、何か設定をしたような気もします。しかし、これネットで荷物の受け取り時間の変更などができるようにしただけの話で、なんでまた、わざわざ本人確認のために宅配メールを配送する必要があるのか。それも、書留のごとき扱いで、受け取りボックス不可。営業所受け取り不可とか書いてます。なんなのこれ。今時、連絡も無しにいきなり持ってきて出るわけないでしょ。持ってきた時間がまた、午前中、午後5時の2回。普通の社会人なら自宅にいませんよ。

 で、3学期早々の忙しい時期に、電話で営業所に配達時間を午後6時から8時に設定して、その時間に間に合うように職場から飛んで帰ったわけです。

 で、インターホンが鳴って、外着を着て、印鑑出して、靴を履いてとか面倒だから玄関で本を読みながら、待っていたわけです。

 ところが、これまたなかなか来ない。折角午後6時に間に合うように帰ってきたのに持って来ない。ヒーターズボンのバッテリーも切れて冷えてくる。たちまち手も凍えてくる。なのに、来ない。

 不在通知に書いてあるドライバーの携帯に電話をかけると、「私持ってません。」

 一時間待ってようやく到着。で、何が到着したのか。

 薄っぺらい紙切れが一枚。「※この宅急便をお受取りいただいた翌日より、「お届け予定eメール」や「店頭受取サービス」等のサービスをご利用いただけるようになります。」

 ・・・・・・。

 まったくね。夕方のラッシュ時に配達してまわるドライバーの大変さは分かります。あなたたちは、こき使われているだけ。

 ただし、会社の上の、サービス商品開発部みたいなところに、馬鹿がいるの。

 まったく、馬鹿の思いつきで振り回される方はたまったもんじゃない。私たち客・エンドユーザーもたまったもんじゃない。サービス商品開発部みたいなところに、ゆとり世代みたいな馬鹿がいるの。こいつのせいで、新年早々どれだけの時間が無駄になったのか。ほんとにもう、時間を返してといいたいです。

 今日もこのブログにお立ち寄りくださり、ありがとうございました。

 

【スポンサーリンク】

このページの先頭へ