自分もLEDになってしまった!

こんにちわ。ブログみぃごろーです。

このところ、大変体がきつくて記事がなかなか書けません。

今国会で、労働環境「働き方改革」に関する的外れな論議が繰り広げられています。労働時間規制などですが、根本的な解決には程遠いと思います。日本人は働くことが好きなのだろうと個人的には思います。

今、午前5時台起きの生活なのですが、こんな生活基本的に私には無理。はやく大学での研究生活へ戻りたい。こんな生活何十年もしていたなんて、自分で信じられない。きつすぎます。

つまりですね、その日の終業時間がきたらその瞬間、翌日の仕事の始まりなわけです。家に帰って風呂に入ってPCを立ち上げたらもう夜の10時、30分以内に一仕事片付けてすぐに寝たとしてようやく睡眠時間は7時間台。実際には6時間を割り込んでしまいます。で、土曜日ときたら爆睡。起きたら日曜なんてことはざらでした。こんな生活を続けていたら、(そら皆さん悲惨な姿になるはずだわ)、と思います。

 

ずっと前の記事で書いたアンチエイジングの秘密を今、お教えします。

寝たいだけ寝ることです。

自分のバイオリズムを維持することです。

それだけのこと。

雨が降ったらお休みで、寒くなったら外に出ないで冬眠のつごもり生活。これが実は一番自然なのだと心底実感します。

その点、世間から離れておられる引きこもりの方たちは、実は正常な状態なのではと思います。現代社会は明らかにおかしいです。

 

時間外労働

私がかつていた教育現場でも、教師の時間外労働も問題視されています。中学のクラブ活動など具体的に指摘されています。

確かにクラブ活動に関しては、非常に問題があります。これは事実です。これに関しては別の機会に書くとして、

実際に現場にいたものとして言ってしまいます。

あっさり、言いますと、終業時間が来ても、何故かみなさん帰らないのです。

それだけのこと。一般企業とはちょっと違います。

 

やたら無駄な会議があるのは同じですが、会議が無くてもずうっと学校にいるのです。夕方からいろいろみなさん始められます。これが不思議に思います。時間の使い方が実に変。

この辺りも、別の機会に書きたいと思います。

 

LEDライト

さて、今日のタイトルですが、PCXを買い換えてから、私もLEDライトのユーザーになってしまいました。

このLEDライト。前々から私は言っておりますが、対向車にはやたら眩しいくせに、肝心の視界がちっとも明るくないのです。輝度は異常に高いのは分かります。なにせ、昼間でもライトが路面に当たっているのが時々分かるほどです。

しかし、夜間の視界はまるっきりです。まるで、モノクロの世界にいるかのよう。

今日もPCXで斜面と見間違えて階段を降りてしまいました。アンダーカウルに傷がついていて、明日入念にダメージをチェックしないといけません。

 

原因なのですが、光が白すぎるのです。

つまり、RGBがバランスしすぎて太陽光の色からずれてしまっているのです。そのため、逆に色が分かりずらく、視界の識別が悪くなるのだと思います。もう少し、色味を変える必要があります。

ハロゲンほどではないにしろ、もう少し、黄色味を持たせたほうが良いと思います。丁度、蛍光灯のパルックのプレミアとかのように、光の色味をもう少し考えた方がいいと思います。

 

ちょっとしんどいので、今日はここまで。

今日も、このブログをご覧下さり、ありがとうございました。

【スポンサーリンク】

このページの先頭へ