NTT西日本のものですが。って怪しいの丸出し

みぃごろーです。

このところ、というか電話勧誘というのはほとんどブラックと相場が決まっています。

家電は留守電で一切出ません。

 

ところがときたま、家電しか知らない知り合いの方がいらっしゃるので電話番号から受話器を取るときがあります。

昨日でしたか050~からの電話がありまして、これまたろくなものでないのが多いのですが時々偉い先生からだったりするものだから電話に出ました。

 

するとですね。「こちらNTT西日本の何々と申します。お忙しいところ恐れ入ります。実はこのたび当社では~」と例のごとく始まりました。

この電話というかNTT西日本がどうたらという電話、2回目です。

 

前回は0120番号からで、宣伝なのはすぐにわかる番号なのですが、今の時期に重要な相手から0120番で来る可能性がありましたので受話器を取りました。

するとNTT西日本のどうたらこうたらという電話で、回線のメンテナンス関係の話かなとかなと思って、2~3分間ほど相手をしてしまう羽目になりました。

バイトの女の子丸出しの台詞棒読みが始まりましたので、「速く用件言って。」と急かしました。

要は、何か新しいサービスがはじまりましたので設定変更が必要です。パソコンを立ち上げて下さいますか。とか言い出しましたので。ああインチキかとすぐに分かり、

「そういうことは、電話でしてはいけません。(電話でPC設定の変更の指示などは危険)」といって切りました。

 

さて昨日のは、別のところから来ました。050番号なのですが、ときたま知り合いにこの番号の先生がいらっしゃったような記憶があったので出てしまいました。

話の内容は大体前のと同じです。

光コラボレーションコンサルタントに関するもので、これ自体は違法では無いのですが、話がおかしい。

「現在お客様はプロバイダーの料金と合わせて大体7000円~8000円の料金をお支払いになっておられると思います。今回、私どもNTT西日本で一まとめにいたしまして大体5000円程の料金にすることができるようになりました。~」

とかいうものです。もう明らかにおかしいのがわかります。

 

私、一応ネットワークやらのIT関連は大学でアルゴリズムから一通り習いましたからおかしいところを突っ込みまくりました。

ところがバイトの方は素人だから、これまた話が通じない。PCを立ち上げて電話の指示に従って欲しいとか言い張ります。

 

「普通はね。そういうのはNTTの本物のサイトからやるものです。話が変ですよ。また時間があるとき、NTTのサイトを見ておきます。」

と言っても引き下がらない。

「転用承諾番号を取得してほしい」とかいいます。

 

それなら、それを今言ってよ。メモします。というと言わない。「こちらの方は大変お客様の方の間違いが多くてそういうわけにはいかないんです。」

はあ?「私は高齢者じゃなくて、かなり詳しいから間違いません。」というと、「でも大変お客様の間違いが多いんです。」といいます。

 

そこで、「ふつうね。こういうのって、自分のPCから検索をかけて本物のNTTのサイトを探し出して、十分に確認してから各種確認メールのやり取りで手続きをするのが普通でしょ。」

といっても話が通じていない。「いや、お客様では出来ない方が多いんです。」とかまだ言う。

 

そこで「だから、私かなりそういうの詳しいの。要は、こちらがその切り替えとやらがうまく出来ちゃえばいいんでしょ。」というと、「ええ、まあそういうことです。」とか言いまして、ようやく電話を切ることができました。

 

念のため、これあとでgoogle検索で「NTT西日本 転用」と検索をかけたらやっぱり詐欺とかいろいろいっぱい出てきました。

 

 

アングラの水には染まらないこと

一度でも、こういったバイトをしてしまうと、人生アンダーグランドの方へ流れていってしまいます。

お金のためといっても、やめておきなさい。

 

「闇金、ウシジマくん」というドラマ、映画がありますが、フィクションとはいえ大変ためになります。

本当に末路がああなっちゃうよ。

 

今日もこのブログにお立ち寄りくださり、ありがとうございました。

【スポンサーリンク】

このページの先頭へ