ヘルメット曇り止めピンロックはかなりいい!

こんにちわ。ブログみぃごろーです。

ブログのSSL化はやはりけっこう大変で、アクセスの方も混乱していてご迷惑をおかけしております。

本文閲覧には支障は無いので、今年最後の記事をアップします。

 

暮の風景

もう、寒さも本格化しており、朝晩の冷え込みは堪えます。

例のヒーター内蔵パンツは極めて具合が良く、寒さ本番のなかでもしっかり太腿を暖めてくれます。これは意外。

使用する前はバッテリー電源なので「気休めだろう」、などと思っておりましたがなかなかパワフルでかなり暖かい。本当にほっとします。

朝方など、徒歩の人たちよりもよほど暖かいのではと思います。

 

暖かいといえば、ヘルメット

このヘルメットを被っていると顔も耳も温かい。これは、完全に風吹く外気の中を、マスクをしながら歩いている人たちより暖かい。

片道30分程度なら、バイク通勤の方が寒くないのかもと思います。

 

信号停止の度に以前はシールドを開け閉めしておりましたが、ピンロック

これは本当に優れもの。シールド閉めっぱなしでも全然曇らない。凄い!。

おかげで信号待ちの間、コタツに入りながらのように、のんびり朝日の中ボケーっとしていられます。

 

前の記事で書いていた、レンズフレア現象の難点もこの効果の前には致し方ないか、と思います。

 

Lens flare

(マイクロソフト・フライトシミュレーターⅩアクセラレーション、(c)Northrop Grumman Corporation、F-14D for FSX:Acceleration by Dino Cattaneo)

 

ばくおんが恋しい

さて、アライヘルメット・アストラルXには可動式のスモークシールドが付いています。

朝方はフルに下げています。ふと、どんな風なのかバックミラーで自分の姿、顔を見てみました。

おお、ライム先輩!みたい。

シールドの形が。

 

ライム先輩、今思えば結構よかったなあ。

ばくおん、またBSでやってくれないかな。

ライム先輩がヘルメットのままで温泉につかるシーンが続きの話であったような気がします。

ヘルメットからお湯がこぼれ出てきます。

 

本当にやったら、内装乾燥が大変。旅先でどうするのやら。

旅館の部屋で、しっかりお顔の手入れをします。誰にも見られないように気をつけながら。そして、その素顔は、当然絶世の美貌。

なんでしょう。きっと。

 

きょうもこのブログをご覧くださり、ありがとうございました。

【スポンサーリンク】

このページの先頭へ