ドクターXが

こんにちわ。ブログみぃごろーだじょ。

ミーゴロー:「わーい!今日は木曜日だじょ。」

チュータロー:「隊長殿。なんで木曜日が嬉しいのでありますでちゅっか?」

ミーゴロー:「今日はテレビでドクターX外科医・大門未知子があるのだじょ。」

チュータロー:「それがどうしたのでありまちゅっか?」

ミーゴロー:「みぃはドクターXを観るのが楽しみなのだじょ。」

チュータロー:「ドクターXは、そんなに面白いのでありまちゅっか?」

ミーゴロー:「当たり前だじょ。大門未知子先生に逢えるのだじょ。だから、みぃは木曜日は朝からワクワクするのだじょ。」

チュータロー:「大門未知子先生はそんなに美人なのでありまちゅっか。」

ミーゴロー:「美人だじょ。それだけじゃないのだじょ。大門未知子先生はどんな病気でも治してくれるのだじょ。」

チュータロー:「おお!それは凄いでありまっちゅ!隊長殿も生き返ることができるかもしれませんでっちゅ。」

 

ミーゴロー:「・・・・・それはいくらなんでも無理だじょ。・・・・・・」

チュータロー:「・・・・・」

ミーゴロー:「・・・・・みぃは、・・・・・幽霊だからご主人と話すことができるのだじょ。・・・・・・」

チュータロー:「・・・・・」

 

ミーゴロー:「そろそろ秘密基地に帰るとするじょ。」

チュータロー:「そうでありまっちゅね。トムキャットの後席、エンジン温度・油圧その他OKでありまっちゅ。」

ミーゴロー:「それでは帰るとするじょ。」(大阪タワー・こちらみぃだじょ。ランウェイ32Lで待機中だじょ。離陸を要請するじょ。)

大阪伊丹空港管制塔:「miigoro cleard for takeoff」

ミーゴロー:「みぃごろー・クリアード・フォア・テイクオフだじょ。」

 

miigoro

【スポンサーリンク】

このページの先頭へ