あやのこうじれいかさん!は誰が演じているの?

こんにちわ。ミーゴローです。

今日は、未明までの雪がうそのように比較的おだやかな日だったような気がします。紫外線光線過敏症の私でも、この季節の日の光というのはやさしくほどよく心地よいものです。

そんな天気の中、仕事復帰のためにスーツ姿で健康診断を受けるために出かけました。

 

仕事柄とはいえ、このスーツで病院に行くというのは本当に何かと面倒なのですよね。いろいろな検査や診察のためには、あの窮屈な格好では大変です。いちいち上着を脱いで、ネクタイを解いてとか考えるだけで気が重くなります。

 

ところが、今日行った指定の病院では、ロッカールームが用意されていて、入院のときに着る病衣(びょうい)に着替えるのです。

これは大変便利で助かります。しかも、大変清潔で、スリッパまで袋に密封されて提供されます。おかげでいつものようなしんどい思いはしなくてすみました。

 

診察のとき、自分のレントゲン写真を医師の説明で観ました。素人目にも大変クリアーというか綺麗な状態でした。いつぞやの重症肺炎のときとは大違い。

まあ。喫煙しないのが大きいのでしょう。

 

待合でUSJのガイドブックを観た

さて、診察待ちのとき、置いてあったUSJのガイドブックを観ました。USJというのは、関東のディズニーランドとならぶ西の横綱ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのことです。

へえ、懐かしいなとか思ってぱらぱら観ていますと、ターミネーターの綾小路麗華(あやのこうじれいか)さんの記事がありました。

 

観客をいじるのがうまくて、最近は綾小路麗華さん目当てのファンが多いとのこと。最近のいじりは「今日はみなさんどこの県からおいでなのかしら。」客「横浜」:「あ~ら神奈川県と言えばいいものを。県て聞いているのにきどっちゃって。」とかそんな感じらしいのが書いてありました。

 

私が初めて観たときは、もう何年も前ですが、「まあ、今日は関西の方が多いのね。じゃあ、あなたはどこから?」客「大阪」:「あ~ら!そうなの。・・・空気読めよな!」

とかそんな感じでしたかね。最初観たとき、あんまり声優さんみたいに通る声だから、口ぱくなんだろうなとか思ったら、お客とやり取りを始めたからあれ本当にしゃべっているのか。プロの役者さんだな、とびっくりしました。

アドリブも凄いし、イレギュラーなお客がいても見事にさばくのでまったく関心します。一体何者なのでしょう。

 

ネットでざっと調べてみると、タカラジェンヌだとか吉本から来ている芸人だとかの噂ですが、もひとつはっきりとした答えは見つかりません。人数もおよそ7人くらいとかいるらしいということです。

USJではオーディションで募集をしているようで、しかも一年毎に更新のための試験があるのだとか、これも噂です。

 

実際よく分からないんですね。

麗華さんにしろ、その他のキャラの人にしろ夢の世界の人ですから追っかけとかはやらないことです。知り合いによれば、あの役者の人たちは船(海上シャトル船)で会場に通勤しているそうでその気になれば本人に会えるのですが、やってはいけません。我々は、USJの会場で夢の世界の人たちと接するから幸せになれるのです。

 

それにしてもUSJはやっぱり凄いわ。

 

次回の大阪万博勝てるのでしょうかね。近くにUSJがあるから「大成功間違いなし」なんてどうせ甘いこと考えてるんでしょうが。逆に客足を取られるし、毎度のことながら集団の行動というのは、USJ近くは素通りするものだと思います。ずっと昔の「花と緑の博覧会」では、会場周辺の商業施設は閑古鳥だったような覚えがあります。

 

万博が閑古鳥ということも無いのでしょうが、利権老人たちが期待するような何兆円規模の大成功とはいかないでしょう。

 

今日もこのブログをご覧くださり、ありがとうございました。

【スポンサーリンク】

このページの先頭へ