電車で寝過ごすの追加注意事項

瞳の鬱(うつ)日記

 電車で爆睡してしまった記事を書きました。通勤帰り、JR王寺駅に普通列車で帰ったときに完全に爆睡していて、気がついたら乗客は皆さん降りていて車内は誰もいない。どれだけ、寝ていたのかも分からない。まあ、折り返しなので、運転士さんが席の向きを直しながら車内を移動してくるので、その前だったのであまり長くでもなかったのでしょう。

 これ、女性専用車両だったので、皆さんその点ご留意ください。丁度、昨日の土曜日と今日の日曜日は、大学共通テストです。この受験生を狙った痴漢が多数発生します。

 受験生のみなさん、痴漢には本当に注意してください。

 災難にあったら、心理的動揺は計り知れません。受験のプレッシャーというのは相当なものです。

 いつもではしないような忘れ物や、いろいろな失敗をしてしまいます。

 まして、痴漢にあってしまったら、動揺で当然、得点に影響してきます。人生のかかった大事な日です。

 みんな緊張しているので、寝るとかは無いでしょうが、隙はできます。いつもと違う路線でしょうし、女性専用車両があるのは限られています。

 都心部の満員電車では難しいでしょうが、なるべく、車両でも女性の多い場所、固まる場所というのがある場合がある場合があります。そういったエリアで守ってもらってください。わたしも、遅刻しそいうなときは、どうしても、女性専用車両が無い快速に乗らなくてはいけなくないときもあるのですが、女性同士、固まる場合が多いです。

 みなさん、何度か痴漢にやられているのでしょう。お互い守り合っているような体制です。

 おっさんには、近づかない。距離をとる。

 やられそうになったら、おっさんが近寄ってきたら、やられる前に、考える前に「Don’t think. Just do.」(考えるな、行動しろ!「TOPGUN・マーヴェリック」) 

 「こっちくるな!」と声に出す。小さな声でいいです。今、さかんに注意喚起されていますから、だれか助けてくれます。

【スポンサーリンク】

このページの先頭へ