虹のアーチの端をみた。

瞳の鬱(うつ)日記

 こんにちわ。瞳です。テストのマルつけというわれる、いわゆる採点なんですが、これ結構重労働。3年生だけじゃなくて、3学年全クラスをやりますから、たいへんです。でも、テスト期間中、先生方午後から休暇を取られて休まれています。これから体力的に大変なのだからでしょう。

 わたしも、この機会に例の裁判手続きを始めていこうかと思いました。しかしこれが大変だった。訴訟に必要な役所の書類が揃わない。役所と学校の勤務時間は完全に被るので、休みを取っていくのですが、時間有給の残りが少ないうえに、書類をとりにあっちこっちの市町村、住んでいたところ、生まれたところの市役所とか回りまして、これだけで、3時間分の年休が消えた。ああ、肝心の裁判所にはなかなかたどり着けない。弁護士との打ち合わせとかもいまだにできなくて大変。

 例のDQNカルトバカ犬一家は、もう告訴してこないだろうとか、思っているのか、選挙が終わったからなのか傍若無人ぶりを再開。うるさいったらない。

 まあ、何とか年内に訴状の写しが相手側に書留郵便で届くよう頑張ります。DQNは裁判所からの書留受け取らなかったら済むと思っている。でも、そうは、問屋が卸しませんよ。悪いことした人には、正月は来ないのよ。

 虹が出た

 各市役所とか不便で電車では行けない。だからいやなPCXでいくしかない。手術跡が痛くて辛くて辛くて大変。なるべく乗りたくないのですが。ハンドリングも最悪。このバイクもう本当にいや。

 帰り道、にわか雨というかやや強めの雨が降りまして。ああ、こんな日は、訴訟などの大事を始めるにはよくないから、延期になったのは、まあ、むしろいいのか。神様のはからいかも。

 夕日がさしてきて、二重の虹が出ました。虹なんて珍しくも無いのだけれど。完全なアーチ型の全景が2重で、山のこっち側に出ました。大抵、虹なんて空の上の方に、アーチの上限が見える程度だけれど、完全なかたちでよく見えた。まったく絵本の絵みたい。わたしこのとき、アーチの始まり、つまり、橋でいうなら橋の始めを観たのは初めて。

 山がバックだからよく見える。まるっきり、子どもの絵のように地面から生えているんですよ。へえーこうなのか。とか、変に得した気分。

 髪をボブに戻します。

 ところで、話変わって、わたし教師再開するのに髪を大きく切りました。化粧もせずに男言葉です。これじゃ、トイレで男とまちがえられるわけだわ。 

【スポンサーリンク】

このページの先頭へ