本当に、あんたどうしたの?

瞳の鬱(うつ)日記

 こんばんわ。おはようございます。瞳です。

 またまた、こんな時間に記事を書いています。例によってDQNカルト教団犬騒音一家の犬の大騒音で未明にたたき起こされました。よくもほかのご近所の方々、耐えられるものだといつも感心いたします。

 騒音トラブルは在宅勤務の増加で最近、急速に社会問題化しているのですが、記事がありまして、専門に研究している学者の方がおられました。記事を見失ってしまっているので、お名前とか今現在わかりません。後日、追記いたします。

 これ、けっこう深刻で、トラブルの進行過程が私と同じのパターンが多いらしいのです。

 プロセスがありまして、最初は自治会、マンションだったら管理会社。次は役所、次は警察。最後には少数ながら訴訟という流れで、結局は多くの方が我慢か、引っ越しということになるらしいです。

 私の場合、訴訟までの準備をしたのですが、ご近所の(まともな)方々の協力が少なすぎてちょっとしんどいな。ということで今は様子見なんですが、少なからず同じおもいをされている方もおられるということが収穫でした。

 上記のプロセスパターンは大学の調査研究結果ですので、引用はちゃんと後日追記いたします。

 とにかく、犬騒音がけっこう多い。それとマンションの上階の足音騒音が多いです。日本はとかく騒音には行政等は全く無力です。さらに警察は全くなにもしてくれません。裁判の判例も非常に現実と乖離していて、受忍限度、我慢限度なるものがありまして、これがまたおかしなもので、騒音の苦痛に受忍限度、我慢限度とかいったいなんなんでしょう。昭和の長屋の時代の感覚ですよ。時代遅れもいいところです。

 瞳も一通りの全く同じパターンをたどってしまい、苦しみの期間は、ついに数年に及んでしまっています。

 過去記事をみると、去年の今頃は唯一防音が多少施されている自宅の寝室から、ほとんど一日中出られず、トイレ、食事、入浴などはビクビクおびえながらの生活でした。

 だから、用も無いのに毎日どこかへ出かけては、時間をつぶしていたのですが、私が帰宅すると、その気配で、犬をけしかけるものだから逃げていても同じことでした。ついに、耐えられずに自○未遂しました。今は完全に鬱を発症しています。投薬治療でなんとか日常生活をしています。

 わたしにこんなひどいことする人たちってどうして、こんなにも愚劣で悪質なんだろう。って思います。平成バブルを経験した団塊世代の節操のない老人たちです。もう、こいつら本当にどいうしようもない悪人たちです。

 しかも、新興宗教にして属しているという。一体なんなんでしょうかね。こういう地獄行き確実の人たち。

 そのDQNカルト犬騒音一家と同じく、10年以上わたしを苦しめているDQNカルト教団のDQNアウディ空ぶかしのジジイ。こいつは東大阪の弱小企業の社長。見栄だけで下品な外車に乗っている馬鹿。こいつは地獄でアウディごと釜ゆでの刑です。このジジイが愛車アウディに乗りながら、地獄で灼熱の溶岩の中に落ちていく夢を見ました。弱小企業です。コロナ不況の今、なんで今でも潰れないのか不思議なんですが、カルト教団同士の互助会みたいなのがあるんでしょうね。それでも近いうちに生駒の山中で、アウディに乗りながら排ガス~か、焼身~になるんでしょうね。

 悪行、行いの報いは必ずあります。この世は不思議です。

 ところで最近は、このジジイ、一人暮らしの女のわたしを監視カメラで盗撮しているのを誰かに注意というか警告(みんな知ってるよ。止めた方がいいよとか言われた感じ。警察の警告ではないです。警察は何もしてくれません。)されたのか、これは止めました。

 もう、このアウディ変態ジジイ、自分がかなりの有名人だということ自覚した方がいいんじゃない。

 騒音には環境音で防御シールドを張る

 で、今わたしがやっているせめてもの自己防衛。環境音で騒音を消してしまうというもの。

 アウディの空ぶかしに効果があるのが、ジェットエンジン。犬にはヘアードライヤー。これをエンドレスで流しっぱなしにしています。

 同じ苦しみで苦しんでいる方。これはいいよ。効果があります。本当に聞こえないの。愚劣な騒音が。

 最近まではヘッドホンを使っていましたが、どうしても、耳がかぶれるし、耳も痛くなってくるので、スピーカーシステムで鳴らしています。

 こちら側のステレオの家の室内音量が75デシベル。室外の庭では、環境音を遙かに下回る45デシベル。エアコン室外機の音の方が大きいくらい。

 対して、向こう側は、犬もアウディも余裕で90デシベルオーバー。犬は100デシベルに達します。わたし、理科教師なので正確な正規の音量計(28万円)のもの持ってます。

 面白いのは、騒音出す方の連中。自分たちは大騒音出しているくせに、こちらの音は少しでも聞こえるとイライラするらしい。こちらがステレオ鳴らすと、一生懸命に犬をけしかけたり、空ぶかしも多い目になります。

 まったくあまりにも、浅ましく愚かな姿です。

坂本龍一さん、イエローマジックオーケストラ

 最近は、大黒摩季さんのほかにも音楽を聴きようになりました。少し前から、今がんと戦っている坂本龍一さんの音楽を聴いています。本当に天才だと思います。坂本龍一さんはかつてYMOというグループで音楽活動をしていらしたそうで、YMOの音楽も聴いてみました。

 これは凄い。何という音楽。他のメンバーの方の音楽も聴いてみました。本当に3人とも天才だわ。

 で、最近、この3人の音楽を楽しんでいます。結構大きめの音量で聞けますのでいいです。

 ジジイ連中はこの曲流すと怒り狂います。面白いです。

幼なじみ

 さて、ようやく本題。

 例の幼なじみ。本当に音沙汰が途切れてしまっています。反応全く無しなんですよ。

 もともとそういういい加減なところあるやつなんですが、ちょっとこれは異常。何かあったようです。

 せめて生きてりゃいいんだけれど。

 

【スポンサーリンク】

このページの先頭へ