人間関係リセットします

瞳の鬱(うつ)日記

 こんばんわ。瞳です。今日は大晦日。去年までは、年賀状とか大変でした。

 ああ、年末年始とかいうと、なんか特別な感じだったんですが、完全に錯覚ですよね。来週にはもう仕事しているわけだし、ちょっと休みが2日ばかり長いだけなんだ。

 帰省ラッシュが凄いのですが、新幹線乗車率140パーセントって大変だ。そんでもって、故郷帰ってもじきにUターンラッシュ。ああ、忙しいこと。日本人って。

 昭和の時代はもっと大変だったようで、鉄道関係の過去映像観ていると、人々はまあ、こういったイベントを結構楽しみにしていたんだなと思います。今の中国が丁度そんな感じかな。いや、やばい体制とかの話じゃなくて、一般庶民の人々の暮らし、習慣のはなし。あちらでは正月とかじゃないけど、なんかのおおきな節句みたいなのがあって、家族移動。駅で長いこと待ってやっと切符を買って、ギュウギュウの列車に揺られて故郷へ帰るという映像をテレビでみたことあります。日本の昔の昭和の風情に似てるなとか思いました。そういうのもけっこう楽しいのかも。

 まあ、時代とともに、社会の生活習慣も変わっていくのが分かります。今の日本では大体半数くらいの人は、年末年始を家で過ごすそうで、いわゆる寝正月ですか。冷めてるけど、体にはいいわ。

 週休3日制導入しようよ。

 阪急百貨店コンコースなんですが、クリスマスイルミネーションは完全に片付けられていて、ショーウィンドウは正月バージョンモード。これらもさすがなかなかのものです。まあ、松とかモチーフはオーソドックスだけれど、これまた観る価値ありだ。やっぱり一流アーティストの作品ですよ。

 でもまあ、正月だからって、おせちとか別に食べたくないし、数の子なんて全然おいしくないし、食べたいって思うのは、栗きんとんくらいかな。

 おもちも別に食べません。面倒です。

 時代は変わってるね。もう確実に。

人間関係リセット

 さて、表題なんですが、今年は年賀状無しです。なんか年々空しくなってきてこの習慣。

 大学の同窓会とかも行かないし。なんか最近、楽しかったと思っていた大学時代って、結構今思い出すと、けっこうしんどかったかも。

 ついでに、人間関係もリセットします。特に親しいひとも思えばいないわけだし。

 仕事柄、同じ職場に何年も長くいることも無くて、職場が変われば縁もすっぱり無くなって、それが当たり前だったから、別段これが普通。

 で、ですね。例の幼なじみとは絶好します。メールの返事もよこさないやつです。未だにそのいい加減な性格分からない。呑気な年賀状出してきても無視します。

 では、最後に読者の皆さん。同じ苦しみを抱えてる読者の方々。年が変わっても特になにも変わらないだろうけど、どうか、お健やかに。

【スポンサーリンク】

このページの先頭へ