グーグルの検索AIってほんとうに馬鹿

 こんばんわ。瞳です。瞳の鬱(うつ)日記です。タイトルなんですが、近所の騒音嫌がらせに対しては、現在、わたし外耳炎なのでヘッドホンは使えません。なので、ステレオシステムで環境音を流しています。

 主に、ジェットエンジンの音。つまり、旅客機の機内音。これが一番心地よくて、例のDQNカルトジジイのDQNアウディの爆音空ぶかしは見事に消せるんですよ。周波数がピッタリなんです。

 しかし、同じくDQNカルトバカ犬一家の大型犬は距離も近いこともあって100dbオーバーの大音量。ほとんどまじかでいきなりクラクション鳴らされているようなもの。これには、ジェットエンジンではカバーしきれません。

 そこで、ヘアードライヤーの環境音を使うと何とかマスキングできる。完全には消せないけれど、犬のバカ吠えが多少カバーできて、飛び上がるほどにはならないので、このところは、ヘアードライヤーの環境音を流しています。

 これYouTubeからブルートゥースで流しているんですが、おすすめ動画というのがリストアップされるんですが、これがウザいというか、まったく米人といのは、眼鏡のオーバー100kg級のデブは真正の馬鹿なんだといつも思います。

 ヘアードライヤー環境音「ホワイトノイズ、ドライヤー音」は赤ちゃんの泣き止み・お眠りとサブタイトルがついているのですが、おすすめ動画に赤ちゃん、幼児向けの歌やら音楽やらがずらりとリストアップされまして、これが本当に困るんですよ。

 わたしには赤ちゃんはいないし、産んだこともありません。

 私のニーズはホワイトノイズ・環境音なんですよ。多くのタイトルにも「聴覚過敏・騒音対策」という説明がついています。

 検索AIって本当に馬鹿です。腹が立ちます。何度もリストを削除しても赤ちゃん・幼児向けが出ます。学習しないんですよ。馬鹿が。何が困るかというと、例えば、「ホワイトノイズ・ドライヤー音」の場合、8時間あるんですが、いつの間にか残り数十分というときがありました。気が付かないでそのままお風呂に入っていたら、ヘヤードライヤー音が終わってしまって、子供向けの音楽が始まってしまったんですよ。夜のお風呂に入っているとき、出られないとき。これ本当に困ったわ。

 とにかくgoogleって本当に最低。スマホの広告のウザさときたら、最悪。あほちゃうの。イライラするだけじゃん。スマホでネット記事はわたしは見ない。必ず、次をみる、とかあって、タップすると広告、広告、広告。アメリカって本当に病んでるわ。

 

 

【スポンサーリンク】

このページの先頭へ