お供えの花はすぐに持ち帰る

瞳の鬱(うつ)日記 まぶた腫れ、唇出血。

 こんばんわ。瞳です。暴力を受けたものの気持ち。分かって欲しい。体にも心にも一生消えない傷が残ります。わたしを今現在も苦しめている近所のカルトジジイ連中。年寄、老人なんて大したことないなんて決して思わないでください。彼らはわたしを一度、本当に〇しました。

 時代劇じゃないけれど、吉良上野介にしろ、この前のプリウスの飯塚幸三ジジイにしろ、薬害エイズの悪徳医師・安部英にしろ、悪徳年寄、ジジイほど始末に負えない悪人は他にはありません。

 私の近所のDQNバカ犬のカルトジジイなんか、偽の身体障碍者マークを車に貼ってます。それで、堂々とシェパードを散歩させています。そうやって、ズルして社会に甘えて、迷惑かけて好き勝手放題にやりたい放題やって生きているわけですよ。同じくカルトDQNアウディのジジイと一緒にさっさと仏と日蓮上人の罰を受けて地獄へ落ちろ!

 

 旭川市でのいじめ事件。保身のために浅ましい限りの老人連中。さっさと社会的制裁を受けて消えてしまえ!

 お供えの花

 今度の旅、来週から北海道入りなんですが、事件現場に行くのが第一の目的です。わたしなんか、あの子に手を合わせるしかできません。

 カーネーション一輪だけお供えしようと思います。お供えには、菊、バラ、カーネーションがいいらしいです。わたしはカーネーションが好きなので、赤か白どちらにしようか迷いますが、カーネーションにします。それとなっちゃんのオレンジ。置きっぱなしにすると、当然、公園の掃除する人が大変なんだろうなと、何かしきたりとかあるんだろうか。と調べました。

 それによると、花はすぐにその場で持ち帰るのがいいらしいです。滞在中ホテルの部屋に活けておきます。ジュースはプルを開けずにこれもすぐに持ち帰るのがいいらしいです。旭川の駅で飲んでしまいます。これもおさがりというのでしょうか。

【スポンサーリンク】

このページの先頭へ