タイヤ真ん中だけしか使えない。

 こんにちわ。ブログみぃごろーです。折角、先日換えたニュータイヤ、Loadsport2なんですが、エッジグリップが全然使えません。気が付けばもう師走。日中でも山は気温10℃前後。おまけに枯葉やら一般大衆の行楽マイカーで道路はむちゃくちゃ大混乱状態。

 さらには、土方工事で道路はガタガタ。CBRの走行後、タイヤをみたらショルダーサイドがリヤでも2cm新品のまま。フロントなんて全く真ん中だけしか磨耗していない。ああ今シーズンは終わった。なんと、今年秋は全く膝を擦っていない。何てことだ。

 PCXでモトGP

 さて、ほんとに断ればよかったと毎日後悔の学校通勤なんですが、ほんの少し、ほんとにほんの少しだけの楽しみ。それは、行きかえりのワインディングでのスライド。スクーターでパワースライドが経験できます。例の土方工事のせいで道路のバンプは凄まじいものですから、登りでは、リヤが小刻みに空転します。まるで、モトGPマシンのトラコンが制御を入れているかのよう。空転した瞬間はパワーが抜けて加速が鈍るのが面白い。スロットルは開けっぱなし。

 ああ、放送で解説の原田さんが言っていた「スライドすると加速が鈍る」とか言っておられたのはこのことか。とか想像したりします。レーシングマシンがコーナーでスライドすると、加速が鈍るのは当たり前の話ではありますが、その状態というのはハイサイド寸前の状態であって加速がどうのとかいうのも、チャンピオンの余裕なんだな。とか思います。

 それはともかく、PCXというのは本当に足回りのセッティングがいいのでしょうかね。パワースライドだけでなくて、ときどきグリップが抜けてマシンが振られるのですが、全然怖くない。コントロールできてしまう。バンクがせいぜい40度なのもあるにせよ、これにはセッティングのヒントがありそうです。CBRでこの感触が出ないものかなとか思っています。

 まあ、来春の話。私が大学に戻ってから、のんびりきれいないい道探します。

今日も、このブログをご覧下さり、ありがとうございました。

追記:α14の記事へのアクセスが大変多いので当惑しています。すでに寒いこの時期、ハイグリップタイヤはもうやめておいた方がいいと思います。完全にLoassport2の方がグリップします。これははっきり分かります。

【スポンサーリンク】

このページの先頭へ