最近SSバイクに乗れない

こんにちわ。ブログみぃごろーです。

先日の台風大雨は大変でした。

大和川が氾濫しました。何十年か前にも氾濫したことがあり、そのときはJR大和路線王寺駅付近一帯が水浸しなりました。そのときの大変な光景を思い出しました。

 

今回も、当日深夜にはその付近の堤防ぎりぎりまで水位が上がっていて、あと1mで水が溢れる状態でした。パトカーが避難指示を出していました。

今回は、王寺駅付近は無事だったようで、おそらく前回の教訓がいかされて堤防などが補強されていたのだと思います。

しかし、大和川の別のところで氾濫があって悲惨なことでした。

 

それにしても、昨日は久しぶりの青空でした。一体何日雨が続いたのでしょうかね。

おかげで全然CBRに乗れません。いつの間にか、路面温度も下がってしまっています。

ハイグリップタイヤは本当に温度依存性が高いので、なかなか神経質になってしまいます。

 

バイクのシーズンというのは本当にあっという間に終わってしまいます。

 

最近筆が進まない

ブログの更新も滞っています。

大体はPCXでのネタが圧倒的に多いのですが、特に最近何も無いのですね。

 

まあ、長雨でふと気づいたこと。撥水シールドなんですが、いつの間にか、撥水コートの製品も増えていてへえーとか思っています。

使用した検証動画とかも観てみました。

なんだ、わざわざシールドとか貼らなくてもいいかな、とか思い始めたのですが、製品評価レビューを見るとあんまりよくないようなのですね。

動画などでは、けっこう水を弾いているようには見えるのですが、水滴はついています。つまり、低速では水が流れないとか、じきにコートがダメになるとかそんな感じです。

 

撥水効果の方なのですが、私の撥水シールドと大して差は無いと思います。

各製品、どうしても水玉は大なり小なりつくようです。

 

ただし、私の撥水シールドの他には無いメリットを発見しました。

 

それは、耐久性が抜群だということです。

シールドの開け閉めで端を剥がしてしまったりしない限り、何日でも平気で水を弾き続けます。

まあ、最初の貼り方はかなりコツというか慣れが必要ですが、上手に貼れたらバイク通勤の方などかなりいいのではないかとか思います。

 

撥水シールドで画像検索すると、このブログの画像が出てくるので驚きました。

試してみた方おられるのでしょうかね。

 

ご意見とかお聞きしたいものです。

シールドタイプは私だけのようなので、実用新案などとか申請しようかな。なんて。

 

モトGPの放送を観ていると、アライのヘルメットに何かそれらしきものが装着されていたので、「ああ、やっぱりメーカーが先にやっているのね。」とか思ったのですが、あれは曇り止めのものらしいので、他にシールド式のが無ければ、いけるかも。

 

まあ、そんな感じで最近ネタがありません。

きょうもこのブログをご覧くださり、ありがとうございました。

【スポンサーリンク】

このページの先頭へ