スクーターで膝すりの続き

おはようございます。ミーゴローです。

このところ仕事がたてこみ体調も最悪。天気も雨続きで中断しておりますスクーターの膝すりですが、現在考察していることを少し中間報告いたします。

しかしまあ、スクーターに比べたらスポーツ車というのは本当に素直にバンクしてくれる。

この日曜、軽く流していても地面の近いこと。コーナーリング中はいつもコーナーの先の方を見ていますが、ちらっと頭を下げて地面を見ますと膝を開いたらすぐに擦りそうでした。まあ、膝を開くとバイクが起きるので滅多には擦らないわけですが。転倒すると嫌なのであまりしません。

 

ところでそうなんです。私は膝を開きません。腰は大きくハングオフしても膝はカウルの外側にあてがう感じにしています。

この状態で擦ったらモトGPになってしまいすが、こうするとバイクがよくバンクします。というかバンク角が自由自在です。フィーリングがいいのでお試しください。このあたりはライダースクラブを参照してください。

 

 

 

 

なぜ、スクーターは寝ない

スクーターで思ったのは本当にバンクしませんね。バンクしないで曲がれてしまう、というのが正しいのかも知れません。

60km/h以下のタイトコーナーの連続する下りでは、PCXやグランドアクシスで飛ばす4輪車に簡単に追走できました。むしろ、4輪車を煽らないように50m以上距離をおいてセーブしたくらいです。

 

通常、下りでは二輪車は4輪車にかないません。若かりし頃、試しに下りでRZ350Rで飛ばし屋の車を追ってみたことがありますが付いていくのがやっとで、何か横から出てきたら到底回避不能ですからいつも途中で引きました。

 

一度大昔の十代の頃、若気の至りで本気でやったことがあります。勝てましたが、まったく余裕などありません。何かあったら一巻の終わり状態でした。小説版「汚れた英雄」で北野晶夫がアメリカの暴走族とチキンレースをしたあと、心臓の動機と興奮が一晩中収まらず「二度とあんな馬鹿なことはすまい。」と自分に誓ったのを思い出しました。それとまったく同じ心境でした。

 

 

 

 

リターンしてからのこと、CBR1000RRが全くの新車、卸したてでタイヤの皮むきもできていない頃に、ぼろいクルマに挑まれましたが「冗談じゃないよ。」です。

 

さて、それがですねスクーターでは低速区間に限っては下りでセーブしながら楽勝なのです。これはどうしてなのでしょう。

 

参考になるのは2サイクルの時代、125ccのコーナーリング速度が各クラス中最速だった(らしい)というのを思い出しました。

今でいうとモト3です。おそらくモト3のコーナーリング速度はモトGPより速いのではないでしょうか。間違ってたらごめんなさい。

 

ウィングレットが付く前、タイヤがブリジストンの頃のモトGPのバンク角は異常でした。それは、ライダーが寝かしているというよりはバイクが自分で寝ているというというべきでしょう。

つまり、モトGPは重いのです。

 

遠心力と向心力の関係

バイクがコーナーリングするという状態は、遠心力で外向きの力が作用すると同時に、同じ大きさの向心力が中心に向かって加速度をもって作用している状態でもあります。

この加速度というのは質量 m [kg] に反比例するのです。つまり、重さが軽いほど加速度は大きくなり、重さが重いほど加速度は小さくなります。

 

スクーターは非常に車重が軽いので、遠心力に対抗するための向心力は小さくてすむわけです。

したがって、ふつうに走る分には浅いバンク角で曲がれてしまうわけです。

 

同時に車重が軽いのにフルバンクしている125ccやモト3のマシンは相当速いコーナーリング速度で旋回していることになります。

 

スクーターでフルバンクするのは飛ばしすぎ

スクーターでフルバンクしようとするとセンタースタンドが接地してしまうのですが、昔の走り屋のようにセンタースタンドをはずしてフルバンクしているのは飛ばしすぎということになります。

 

では、どうすればよいのか。

前回、定常円旋回でバンク角を深めていこうとしてうまくいきませんでした。これは上述のような原因によるものです。スクーターはバンクしないのです。しなくても旋回できてしまうのです。

だから、今考えている方法は三角形を描くように走ってみる。というやり方です。

 

つまり、鋭角的といより本当に鋭角に曲がるつもりで「えいっ!」とやるわけです。

この場合、3つの頂点の内、トライするのはひとつ頂点Aだけでいいです。おむすび型でやってみるとうまくいくかもしれません。

 

くれぐれも駐車場などで真似をしないでください。私は安全な場所を確保してあります。

上に書いたように基本スクーターはバンクしないものなのです。つまりこれ自体意味の無いことです。

これが分かっただけでよしとするべきかも知れません。

 

今日もこのブログをお読みくださり、ありがとうございました。

 

 

 

 

【スポンサーリンク】

このページの先頭へ