路上駐車の車は怖い

こんにちわ。ミーゴローです。

北海道の男子児童の行方不明ですが、予想に反していまだ見つからないようです。

とても心配です。子どもの足で一体どこに行ってしまったのでしょう。一刻も早く無事に救出されることを願います。

 

路上駐車の車

駅の近くの道路上などに多いのですが、家族を迎えにきた車が道路に駐車している光景があります。

縦に何台も続いていてその横を通過するときなど本当に神経を使います。

 

いつドアが開くか分かりません。いつ車の間から人が出てくるか分かりません。

 

本当に一般市民による、重大な迷惑行為だといつも思います。

 

二輪の私ですら、センターラインぎりぎりまで駐車車両から距離をとらなくてはならないのです。

車やバスだったら、そんな余裕はありません。のろのろスピードでも何か飛び出して来たら即アウトです。

 

日本の道路というのは、本当に狭いのですから、視界を遮るような物体を路上に放置しないで欲しいものです。

 

これらの多分主婦や老人の運転する車というのは本当に怖いです。

危険予知能力は皆無だといえます。以前、幹線道路の追い越し車線をのろのろ走っているおばさんの軽を観ました。後ろに大型ダンプが貼り付いて怒りまくっているのです。

走行車線からおばさんを観たら、まったく後ろでダンプが怒っていることに気がついていないようなのです。

あるいは、自分が煽られているという状況が理解できていないようです。

 

煽る大型ダンプも怖いですが、私はこのおばさんの軽にも恐怖感を覚えました。

こんなのがいっぱい道路を走っているわけです。

 

大型ダンプは一応プロですから、やってはいけない危険なことは知っているわけです。

でも、このおばさんのようなドライバーは何をするか分かりません。

 

遅刻しそうな娘を駅に送るのでしょうか、裏道で物凄い速度で民家の軒先ぎりぎりすれすれを暴走している軽を観ました。

植木に水をやろうとして、おばあちゃんとかが家から出てきたらどうするのでしょうか。

 

私が後から駅に着いたら、娘を送った後の帰り道のこの車に会いました。運転手を見ておばさんだったので驚いたのを覚えています。

 

書きたくなかったのですが、4人が死亡した大型二輪と軽との衝突事故。

大型二輪はリターンだと思いますが、いつもいうように速度を出しすぎています。

 

公道はどんなドライバーがいるのか分かりません。

いい子ぶってはいませんが、速度の二乗に比例して運動エネルギーは増大します。下の道(高速道路以外)で100キロ以上は危険です。

何か飛び出してきたとき、回避ではなく停止できなくてはならないのが公道なのです。エスケープゾーンは無いのですから。

 

フェラーリをゆっくり走らせるつもりでいいじゃないですか。

 

今日もこのブログをご覧下さり、ありがとうございました。

【スポンサーリンク】

このページの先頭へ