猫語の話し方

こんにちわ。 ブログみぃごろーです。

おかげさまでこのブログも思えば3カ月を越えています。記事数も100を越えました。

飽きずに来て下さる方々には本当に感謝いたします。ありがとうございます。

毎日ブログに記事をアップすることで、自分の日常の日々に有意義な時間がもてるような気がします。

少なくとも、月日の流れを意識せざるを得ません。これは大事なことだと思います。

時間を無駄にはできなくなります。何を制作、生産し、何をロスしたかを見直さざるを得なくなります。

これからも、ペースをくずさず続けていきたいと思います。

このブログは原則日記なので、カテゴリーがあやふやです。

海外サーバーからバイク関連で来る方は直帰してしまいます。

このブログのテーマとしては、教育、バイク、猫、こもり人支援の3つだと思います。

グーグルアナリティクスによれば、バイク関連と猫関連の記事へのアクセスがほとんどで、引きこもり関連記事へのアクセス、人間関係トラブル対策関連記事へのアクセスは少ないようです。

こもり人関連、人間関係トラブル対策関連記事も引き続き書こうとは思います。

しかし、どろどろトラブルは書く方も読む方もあまり気分がよくないので少なくしていきます。

少なくとも、人生休憩中のひとたちに何かヒントになればいいなという記事を書こうと思います。

画像を増やすかも

グーグルによれば、画像や動画の多いコンテンツは評価が低くなるそうなので、あまり画像は載せていないのですが、観る方はさぞかし退屈だろうと思います。

画像、動画が主のサイトのアクセス数が非常に高いのも事実で、実際私もそういうブログをよく観ます。

まあ、ブログはやはりコンテンツであるところの記事の質が重要なので地道に内容のある記事を書いていこうと思います。

猫語

今日はさっそく猫の記事です。猫語の話し方です。

まずはロケみつ用の猫語で挨拶してみます。

みぃごろーとねずみのチュータローとの出会いのシーンです。

「ミーは猫のみぃだじょ。ユーは誰だじょ。」

「自分はねずみのチュータローでありまっちゅ。」

「よし、今日からミーの航空部隊に入れだじょ。」

「分かりましたでありまっちゅ。よろしくでありまっちゅ。」

という具合が基本になります。

この場合、猫はみぃごろーで仔猫の話し方です。

特徴として、語尾に「だじょ」という付属語がつきます。

私が以前書いた子供用教材絵本「みぃごろー大空をゆく」のワンシーンから例を挙げます。

人間語:「もしもし、ミーです。なにか用ですか。」が、

猫語:「もしもし、ミーだじょ。何か用かだじょ。」という具合になります。

cat

flingcat
(マイクロソフト・フライトシミュレーター2004、(c)Northrop Grumman Corporation、F-14D for FS9 by Dino Cattaneo)

実際に猫と話をすると、猫は適当に返事をします。

今日もこのブログをご覧くださり、ありがとうございました。

【スポンサーリンク】

このページの先頭へ