あべのハルカス

こんばんわ。ミーゴローです。

今日は久しぶりに大阪中之島の美術館に行ってきました。

国立国際美術館の森村泰昌展を観てきました。

美術館へ行く途中、土佐堀川で変なものを観ました。

モーターみたいなのがついたサーフボードが2せき川にいました。サーファー2人がそれに乗って器用にすいすい水上を走っています。

 

よく転ばないものです。感覚は二輪のそれに近いものがありますが、二輪よりはるかに不安定にみえます。それにしてもこの汚い川で、この季節まだ水は冷たかろうによくやるものです。

よくも悪くもこの辺が大阪です。多分許可は取っていないだろうと思います。確かこの川、水上バスが走っているのですよ。動力がついているサーフボードだから小型船舶に相当すると思います。衝突事故を起こしそうです。大阪の民度かな。

 

あべのハルカス

フライトシミュレーターで大阪上空を飛ぶとまず目立つのが、この大阪阿倍野区のハルカスです。

高層ビルです。実際大阪に来ると、やたら視野に入って目立ちます。地上60階建て、高さ300mで、日本で最も高い超高層ビルだそうです。wikipediaによると日本国内の構造物としては東京スカイツリー(634m)、東京タワー (332.6m) に次ぐ3番目の高さだそうです。

雨の日など上部が雲に入っています。大阪人は変なものを造りたがります。とにかく細長いこと。

 

今、熊本では余震がいまだ続いていますが、この建物、震度7の地震がくるとどうなるのでしょうか。

設計上、当然崩壊はしないでしょうが、たぶん派手に揺れるのでしょう。観ていると想像するだけでぞっとします。

 

 

大阪下町界隈

美術館見学の後、いつものように大阪の街を飲み歩きます。

 

串カツやおでんなど値段、味ともに「食いだおれ」の街だけのことはあります。

この日ばかりは腹いっぱいうまいもんづくしでした。

 

今日もこのブログをお読みくださり、ありがとうございました。

 

 

 

【スポンサーリンク】

このページの先頭へ