裏道にオービス

おはようございます、ミーゴローです。

昨日は晴れていたのですが、風が強くてPCXは大変でした。日が暮れると寒くて病み上がりには辛かったです。こういうときに限って食糧が無くて買い物をしなくてはなりません。スーパーによるのは結構めんどうなものです。

いつもの西友なのですが、ふと最近気になることがあります。ホームレスの方がうろついているのですが、おばちゃんで2人いるみたいです。これがうわさに聞くショッピングガールかな、などと観てみるのですがちょっと歳がいきすぎというか汚すぎるかな。ショッピングガールというのは、中年の女性ホームレスのことで百貨店の袋をさげているところからその名がついていて、鉄道の列車内を生活の場にしているのだそうです。鈴木光司氏の小説で読んだのを覚えています。

おばちゃんの一人は電車で移動しているのを目撃したことがあり、わざわざ電車賃を使って西友に来ているみたいです。お金は持っていて買い物もしているようなのですが、ちょっと汚すぎるので西友はさぞかし迷惑している事と思います。この前、夜遅くに行った時など、寒いなか西友の横の人口川で体を洗っていたので驚きました。

 

ホームレスの前は悪ガキ集団がたむろしていました。その前は髭だらけの危なそうなおっさんがカルト教団の教祖みたいなことをやっていたり、本当にスーパーというのはいろいろなものを引き寄せてしまう引力をもっているのでしょうか。

 

裏道にオービス

警察庁はこの3月から、生活道路に自動速度違反取締機を設置するとのことです。

ミーゴローは、これには全く大賛成です。お役所仕事とは言わせません、といった感じです。

生活道路とはいわゆる裏道の事です。幹線道路が渋滞しているときなど、ずるい車が抜け道したりする道路です。

これまでは、こういった場所ではいわゆるサイン会場が設置できないとかで取り締まりは難しかったのだそうです。

でも、今回3種類の新型の外国製オービスを生活道路に設置することで無謀な車を取り締まろうというものです。朝夕の裏道を走る車は大変危険です。他人の生活領域をずうずうしく侵害したうえに危険極まりない速度で我が物顔で走るのですから何とかしなくてはならなかったものなのです。

 

かわいそうな猫ちゃんたちは、こういった車にはねられてしまうのです。

とにかく、いつも思うのは何でこんな道に入ってくるの。ということです。本当に夜などハイビームでうっとうしいし、次から次とやってくるしで本当になんなんでしょうかこの車の連中の神経は。車は表道を走りなさい。

 

朝など集団登校の子どもたちの横を猛スピードで抜けていくんです。全く信じられません。よく、児童の列に車、という事故がありますが、全部この裏道なのですよ。

私の地方でいえば、大阪のある地域にも早く設置して欲しいものです。

 

ランドセル

小学生の話が出たついでですが、ランドセル。安くても4万円もするそうです。

売れ筋は5万円から6万円だそうです。びっくりしました。季節がら新一年生の準備で忙しいご家庭も多いと思いますが、このランドセルの値段はさぞかしご負担なことだと思います。

 

2016/03/25付 西日本新聞朝刊によれば、(子どものランドセルの重さときたら信じられない。島根県出雲市では通学用にスポーツ用品店が販売するリュックサック(約5千円)が普及。店の担当者は「ランドセルを扱う業者からは恨まれたが、安さと使いやすさから浸透した」と話した。
18歳未満の子どもの6人に1人が貧困家庭で育つ日本。ランドセル通学に疑問を抱く声は少なくない。」)とあります。

 

そうなんです。ランドセルはものすごく重いんです。今の子は律義に小学6年生までランドセルを使いますが、6年生ともなると教科書の量も多くて持ってみると大人でもびっくりするくらいの重さです。

私の小学校時代などは2年生まででした。つまり、ランドセルは小学校進学の形の意味だけだったんです。3年生からは皆手提げかばんみたいなのにしていました。

ランドセルですが、一部を除きA4サイズの書類が入りません。だから、お知らせプリントも折り曲げて入れます。大きさが中途半端なんです。非常に使い勝手が悪いのです。

もういい加減これはやめた方がいいのではないのかなと思います。

といっても、ほんとうに小学校というのは何かと老人が口を出してくる世界なのは、知っている人は知っていることなのです。小学校の行事に喜んで出てくるのは大概がレベルの低いひとたちというのが普通です。言い方を変えるなら大学の行事には行きたくても行けないひとたちなわけです。

小学校は行事が全てです。その行事に来賓として地元の有力者などが喜んで出てくるのですが、この老人たちがいちいち口を出す。だから、校長は思い切ったことはなにもできない。何事も旧態依然のまま進歩出来ないのが小学校なので、これは本当に日本の将来のため何とかしなくてはなりません。

 

その点、この前の大阪市の決定。体育祭における組み立て体操のピラミッド、タワーの禁止というのは本当に英断だったといえるでしょう。なにゆえ、ピラミッドが大型化していったのか。それは現場の教師が常に何かに追われていたことを物語っているのです。

ちょっと今日は長くなったのでこの話はまた別の機会に。

今日もこのブログをお読みくださり、ありがとうございました。

 

【スポンサーリンク】

このページの先頭へ