ちょっとクルーズ

こんにちはミーゴローです。
私の地方は昨日、信じられない程暖かかったです。多分全国的な現象だっ
たと思います。
朝の暗いうちはまだ雨が降っていたのですが、明るくなると止みました。土曜日
の午後からぶっ続けの大雨でしたから、道路にも水たまりができています。

 

予報によると今日からまた寒くなるようです。 スクーターでちょっとクルーズ

日もでてきたので、PCXでツーリングに行ってきました。路面は完全なウェット
状態で、すぐには乾きそうもなくとてもCBRでは無理です。

 

ちょっとだけ足を伸ばして「奈良公園」まで行きました。「奈良の大仏」で有名
な所です。125ccでも結構ツーリングできるものです。さすがに高速には乗れま
せんが西名阪道に沿って走ってみます。
裏街道を見つけて走るのもまた愉しみのひとつです。

 

ただし、車のかたは注意しないといけません。

 

 

サンデードライバーがよくやってしまうのですが、ときどき不慣れな狭い道で、
対向車とすれ違いができずにいて、そこへ地元車がつぎつぎやってきてバック
もできず立ち往生になっているのをよく見ます。
さらにそこへ悪いことに西名阪や名阪国道からのダンプがやって来てしまい、
えらい騒ぎになているのを見たこともみたことがあります。

 

車のかたは、多少混みますが国道か、高速道をご利用ください。
奈良が京都と決定的に違うのは、空が広いというか奇麗に抜けきっているの
です。
京都はどの方角を向いても必ず山が目に入ります。こういったところ、近畿以外
の人にはもうひとつイメージが掴めないところだと思います。

 

奈良盆地は高い建物も少ないので、時々まるで湖か海のそばを走っているか
のような錯覚を覚えます。

 

道路がきらきらウェットコンディションで、大空の晴れ間が反射する光景という
のはなかなか面白くて気持ちよかったです。

 

 

私のPCXのタイヤはダンロップのD307という型番でした。トレッドパターンに
葉っぱのイラストがはいっていて最初大丈夫かなと思っていたのですが。昨日
書いたようにウェットの性能が素晴らしく、レビューでも他の人がその点評価し
ていました。

 

 

濡れた路面を「ぎゅっと」グリップしながら快適に走りました。

 

天気がもひとつ中途半端なせいか、公園に着いても車は少なかったです。
奈良公園の特徴は、木々の枝が人の背丈くらいにきれいにそろっているところ
です。これは知っている人は知っている「ディアライン」と言いまして、鹿の仕業
なのです。

 

広い野生芝も鹿が雑草だけを食べるため手入れ不要なのです。

 

ここは鹿が出ます。全国的にも珍しいデザインの「鹿飛び出し注意」の大きな
看板標識があります。実際車にはねられる鹿は多いらしくかわいそうです。
鹿の寿命は大変短くて6年ほどだそうです。鹿は本当にかわいい顔をしてい
て大事にして守りたいものです。 

 

大仏殿の近くに広い広場があって、昔は何かの建物があったのでしょう。ここ
で、1999年の大晦日、大黒摩季さんのカウントダウンライブがありまして、私に
とっては聖地なのです。だから、奈良公園にはけっこうよく来ます。
この付近、二輪の駐車スペースはありません。よく、公園の隅にバイクが止め
てありますが、きちんと有料駐車場に入れましょう。ただし、スクーターならエン
ジンを止めて押して歩けるので便利です。

 

午後になって道路が完全に乾いたころ、二輪を結構見るようになりました。み
んなこの陽気に誘われて来たのでしょう。ニューカラーの隼やCBRを見ました。
彼らからみれば、スクーターの私はライダーには見えなかったでしょう。今度
は私もCBRで来ます。
帰りはまた雲が多くなり、風も強くなってきました。葛城山の上あたりだけが雲
の抜け目になって日の光が差し込んできます。これも非常にダイナミックな光景
でツーリングの収穫だったと思います。

帰ってから、予定を変更してPCXの洗車をしました。そういえば、しばらく洗っ
ていませんでした。泥はねだらけです。ホースの水でペンキ塗り用の刷毛を使
いよく洗いました。
もうすぐ走行2万キロのベルト交換大整備です。
 

今日もこのブログを最後までお読みくださり、ありがとうございました。

【スポンサーリンク】

このページの先頭へ